人材育成・子育てに関わってる方へ


昨今の社会情勢から、「叱る側」の主張ではなく、「叱られた側がどう感じるか?」が、「良い叱り方」「悪い叱り方」を左右する時代になりました。

「そんなつもりで叱ったんじゃないのに」と思っても、受け取った側が心の負担を感じたのなら、
「マネジメント力」にイエローカードが出されてしまうのです。
こんな話を聴いてしまうと、ますます「叱る」のが苦手になってしまいそうですね。

でも、どうかご安心ください!

本研修では、「怒り」の感情をコントロールし、皆様にとっての本当に「伝えたいこと」や「伝えたい想い」をきちんと言語化して「叱らずに伝わる技術」を習得していただきます。

こども園や幼稚園、小中高など教育現場の先生方、後輩を育てるリーダーの方、部下を育てる上司の方に、
お勧めします!

 

■期待される効果


本研修を受講されると、こんな効果が期待できます。

☑今日からすぐに実践できる”伝わる伝え方”がわかる

☑自信を持って”指導力”を身に付けることができる

☑自分の「怒り」の感情に振り回されることなく、冷静に状況を捉え、最善な対応がとれるようになる

☑感情の振り幅が大きい人(子供)と、より良好なコミュニケーションの手法がわかり、実践できる

 

■カリキュラム案


*モデル研修120分を想定しています。

参加者の方のニーズによりカスタマイズさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

 ~叱ってくれてありがとうと言われるために~
1.「怒り」の正体とは?
2.伝えたいことを明確にしよう
3.ロールプレイ実践1 「叱らず伝わるコミュニケーション」ルール編
4.ロールプレイ実践2 「叱らず伝わるコミュニケーション」目標設定編
5.振り返り
 ~「叱る」は、技術 ~

 

■ご料金

*内容、人数等により前後致します。まずはお気軽にご相談ください。

*交通宿泊費は別途実費にてご請求させていただきます。

お問い合わせはこちらから